日光東照宮 御神宝展

日光輪王寺大猷院を出て、続けて日光東照宮 御神宝展を目指します。

案内板もデカデカとあるため、比較的わかりやすいかと思います。日光輪王寺大猷院から輪王寺方面に向かう通路を進みます。

氷で滑りやすい道中。

そして、右手に建物が見えてきました。

すぐ中に入る前に、建物の左側に広場があったため、そちらに移動。雪を踏みつつ、先に進みます。

石唐門と石鳥居。重要文化財です。

石唐門には徳川紋がしっかりと描かれています。

他には見るものがないため、さっそく日光東照宮 御神宝展の建物に向かいます。

入館料は500円。

中は当然のごとく、撮影禁止。いろいろな展示物がありましたが思ったほどのボリュームではなく、結構質素でした。

この手の場所によくある武具などのほか、書、神輿、当時用いられた道具、模型などなど。

外国の方も訪れてていましたが、来場者数はあまり多くありませんでした。

後で気が付いたのですが、別の場所に東照宮美術館という場所もあり。こちらは建物自体が魅力的で、なおかつ掛け軸などが多く展示されているとのことです。

それでもじっくりと見て、35分ほど日光東照宮 御神宝展の中で費やし、この場を後にします。

adsense

七重八重 鬼怒川温泉 日光 一人旅の旅行記

初日の鬼怒川温泉への宿泊と、翌日の日光東照宮周辺の世界遺産の観光の一人旅旅行記です。

  1. 七重八重 鬼怒川温泉 日光 一人旅
  2. 浅草駅から鬼怒川温泉駅に「特急スペーシアきぬ」で移動
  3. 日光名物ゆばちらし寿司
  4. 特急スペーシアきぬ、車窓を見ながら鬼怒川温泉駅へ
  5. 鬼怒川温泉駅周辺とRainbowで休憩
  6. 鬼怒川温泉駅から七重八重へ移動
  7. 七重八重の部屋
  8. 七重八重の鬼怒川温泉露天風呂
  9. 七重八重の夕食
  10. 七重八重の朝食
  11. 七重八重から鬼怒川温泉駅へ、鬼怒川ライン下りなど
  12. 鬼怒川温泉駅から東武日光駅へ
  13. 東武日光駅からバスで日光東照宮へ
  14. 日光山輪王寺の逍遥園、宝物殿
  15. 輪王寺、三仏堂は修理中
  16. 輪王寺から日光東照宮へ
  17. 日光東照宮、五重塔
  18. 日光東照宮の神厩舎の三猿
  19. 日光東照宮の陽明門、眠り猫
  20. 日光東照宮奥宮
  21. 日光東照宮御本社、神楽舎で鳴龍
  22. 日光二荒山神社
  23. 日光二荒山神社の世界遺産「日枝神社」「神輿舎」「大国殿 宝形造」
  24. 日光輪王寺大猷院
  25. 日光東照宮 御神宝展
  26. 勝道上人像を眺めつつ、日光東照宮周辺を後に、歩きとバスで東武日光駅に移動
  27. 名物ゆば入り鶏わっぱ
  28. 七重八重 鬼怒川温泉 一人旅の費用
  29. 鬼怒川温泉 宿・地図
  30. 日光 宿・地図
adsense
ブログ村のタグ
にほんブログ村 旅行ブログ 一人旅へ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
adsense